« 風水とは | メイン | 風水からみた書斎の机 »

風水からみた書斎

風水からみた書斎とは、知性を育む場所であり、決断や思考能力そしてキャリアアップを推しはかってくれる、いわば一家の主人の脳を示す場所といえます。

書斎の無い家に住むと思考力、知覚力が低下すると言われ、よい気に満ちた書斎では創造力を高め目標達成へのエネルギーが沸き、正しい判断を導く脳の状態にしてくれると言われています。風水で脳が活性する気の流れを良くることで、クリエイティブな生活を送ることができるのです。

では、書斎のような思考的な活動をする部屋は、風水的にどのような方位にあるのが適しているのでしょうか。
一般的に風水では、勉強や仕事など思考的な活動に適した部屋は「北」に位置するのが良いとされています。北は集中力を高め頭を使うのに適している方角とされているのです。仮に北の方角でなくても、インテリアのカラーを黒やネイビーブルーにすることで同様の効果を得られます。

また、書斎を仕事よりも、くつろぎや趣味中心に利用するならば、「西」の方角が良いでしょう。テレビ、オーディオ、ゲームなどを西側に配置することでリラックス効果が高まります。

方位とカラーは風水において中核をなす概念ですので、快適な書斎づくりを目指すのであれば、ぜひ参考にどうぞ。


■書斎快適化計画

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://comfort.no.land.to/html/mt-tb.cgi/14

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年12月30日 01:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「風水とは」です。

次の投稿は「風水からみた書斎の机」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。